スペイン語勉強法@初めてのアミーゴTOP > コミュニケーション > スペイン語での挨拶で気をつけておきたいポイント

挨拶について

気持ちのよい挨拶ができる人は、どこの国でも好かれます。
挨拶によってその人の印象が変わってしまうくらい影響力のあるものです。

スペイン語の挨拶表現は数多く、覚えるのが大変でしょう。
しかし、基本的なものを覚えてしまえば、どんなシチュエーションでも使うことができます。



スペイン語の挨拶には、朝、昼、晩と使い分けのできる表現方法があります。

しかし、スペイン語の“Hola”という挨拶は、これらの使い分けは無く、
どの時間帯にも使うことができます。
Holaは親しい間柄の人に使うもので、
日本語では“こんにちは”、英語では“Hello” や“Hi”といった表現に
近いものです。

この挨拶表現を知っておくことで、親しい友達などには
朝、昼、晩と違う表現方法で使い分けをする必要がなくなります。



ここで一つ注意するべきポイントが有ります。
どの挨拶にも、初対面の人に使うものと、親しい間柄の人に使うものがあります。

この使いわけをすることで、
相手に良い印象を与えることができるのではないでしょうか。


初対面の人に対してラフにしてしまっては、
相手に馴れ馴れしい印象などを与えてしまうかもしれません。
反対に、親しい友達に堅苦しい挨拶をしてしまえば
相手に距離をおいているような印象を与えるかもしれません。

人、シチュエーションによって臨機応変に対応できたらいいですね。



スペイン語での挨拶は表現方法が多く、
特に初心者の人には使い分けるのが大変かもしれません。

しかし、挨拶の表現方法を知ることで、
スペイン語での人とのコミュニケーションが円滑に行えるようになるでしょう。



スペイン語の勉強はどれが最適!?



  • 書店でテキストを購入して学ぶ方
  • スペイン語教室で学ぶ方
  • 現地留学して学ぶ方
  • スペイン人の友達を作って実践で身につける方
色んな学び方がありますが、自分に合った勉強法ができているかどうかで、
スペイン語の上達は確実に早くなります。

私がオススメしているのは、
テキストと音声で学べるスペイン語さくっと習得プログラムです。
自宅で好きな時に少ない時間で勉強できるのがポイントです。


どんな勉強法でもいいのですが、まずは少しづつでも続けることです。
どんなことでも3週間続けることで習慣化できるといいます。
挫折しないためにも、少ない時間でもいいので
目標を立てて毎日取り組んでいきましょう!


>> スペイン語習得プログラムはこちら





コミュニケーション記事一覧

挨拶で気をつけておきたいポイント

気持ちのよい挨拶ができる人は、どこの国でも好かれます。挨拶によってその人の印象が変わってしまうくらい影響力のあるものです。スペイン語の挨拶表現は数多く、覚えるのが大変で...

日常会話をスムーズに行うために必要なこと

スペイン語での日常会話をスムーズに行うには、1500語ほどの単語が必要とされています。また、ニュースや新聞を理解するには3000語ほどの単語が必要になります。 ...

挨拶フレーズの勉強の仕方。スペイン映画でネイティブの言葉を聞いてみよう

スペイン語には数多くの挨拶フレーズがあります。単純に「こんにちは」という場合にもいくつものフレーズがあります。その時の状況を見極めて挨拶フレーズを使いわけることが重要に...