スペイン語勉強法@初めてのアミーゴTOP > 文法 > スペイン語の数字の覚え方と規則性について

数字について

日常生活で数字は欠かせないものです。

スペイン語を勉強するときも数字を覚える必要があります。
時間について、お金についてなど日常生活で数字を使う場面は多々あるからです。

まずは0から10くらいまでをしっかりと覚えることをおすすめします。
余裕のある方なら20以降も覚えてみましょう。



数字で気をつけたいポイント



0から10を覚えるときに気を付けたいのは1の数です。
1だけは男性名詞と女性名詞に分かれています。
数える対象が男性の場合はuno, 数える対象が女性になるとunaとなります。

一方、1 以外の数字は男女によって分かれることがないので
1のように男女によって違う数字を覚える必要はありません。





スペイン語の数字1から15までを覚えるのは苦労するかもしれません。
しかし、16以降の数字には規則性が出てきます。
この規則を知ってしまえば16以降の数字は簡単に覚えることができるでしょう。


10以降の数はすべて「10プラス1~9の数」となります。

例えば、16だったら10プラス6と表されるので
10(diez)プラス6(seis)、16(dieciseis)となるわけです。
もちろん、17、18なども同じような規則で表すことができます。
20以降、30以降、すべて同じ規則で表されてします。


例えば、23の場合、20(veinte)プラス8(ocho), 28(veintiocho)となります。
スペイン語の数字は難しいというイメージを持った人もたくさんいると思います。
しかし、すべて規則的なもので思っているほど難しいものではありません。

まずは小さな数字から、慣れてきたらどんどん数を増やして覚えていきましょう。
規則に従えば大きな数字もすぐに覚えることができるでしょう。



スペイン語の勉強はどれが最適!?



  • 書店でテキストを購入して学ぶ方
  • スペイン語教室で学ぶ方
  • 現地留学して学ぶ方
  • スペイン人の友達を作って実践で身につける方
色んな学び方がありますが、自分に合った勉強法ができているかどうかで、
スペイン語の上達は確実に早くなります。

私がオススメしているのは、
テキストと音声で学べるスペイン語さくっと習得プログラムです。
自宅で好きな時に少ない時間で勉強できるのがポイントです。


どんな勉強法でもいいのですが、まずは少しづつでも続けることです。
どんなことでも3週間続けることで習慣化できるといいます。
挫折しないためにも、少ない時間でもいいので
目標を立てて毎日取り組んでいきましょう!


>> スペイン語習得プログラムはこちら





文法記事一覧

単語は国や地域によって大きく違う!?

スペイン語を勉強するうえで単語はとても重要なものです。いくら文法を知っていたからといって、単語が分からなければ何もできません。スペイン語の単語はその国や地域によって...

難しいのはココ!英語との違い

スペイン語の勉強で最も難しく、つまずきやすいとされているのは文法です。スペイン語の文法は難しいというイメージを持っている人もたくさんいると思います。しかし、これをマ...

文法用語について

スペイン語の文法を勉強するうえで欠かせないものが文法用語です。もちろん文法用語とは日本語ではなく、スペイン語での文法用語になります。学習を始める前に、この文法の学習から...

数字の覚え方と規則性について

日常生活で数字は欠かせないものです。スペイン語を勉強するときも数字を覚える必要があります。時間について、お金についてなど日常生活で数字を使う場面は多々あるからです。...

スペイン語の発音が日本人に簡単な理由とその上達法

スペイン語の発音は日本人にとっては英語などに比べると簡単です。リスニングの面でも、スピーキングの面でもスペイン語の発音は日本人に親しみやすいものです。日...

スペイン語の特徴はコレ!英語と似た点、全く違う点

スペイン語には英語と似た部分がいくつかあります。例えば、主語と動詞で文章が構成されること現在形過去形などが存在するところです。英語とは違...